いくら稼げれば中級者?壁と呼ばれる1万円について説明します

はじめに

副業初心者と中級者の間には明確な壁が存在していることをご存知ですか?自分が中級者なのか初心者なのか知りたい時はその壁が目の前にあるか確認すればよいのです。

ここではその壁について説明するとともに、どうしてソレが壁とされているのか等を説明させていただきます。副業を少し理解してきた中級者向けの内容となっていますのでよければ御覧ください。

1.壁って?壁とは何か?

ズバリ初心者と中級者の間に存在する壁とは収入額の壁のことを表します。その額はだいたい1万円前後とされており、1万円稼ぐことができれば副業中級者と名乗っても構わないというわけですね。

1万円という額を副業で稼ぐことができるようになるまではいつまでたっても初心者であるというわけです。重要なのはその副業をどれだけの時間営んだか、ではなくいくら稼げるかなのです。

副業を始めて2日間であっても1万円稼ぐことができるのであればその人は中級者と呼べるに相応しい力を持っていることになりますね。

2.どうして1万円なのか?

主婦のこなすことのできる副業には数多くのものがあります。FX、ポイントサイト、ライター業、アフィリエイト…それぞれ稼げる額の上限値は異なり、難易度も様々です。そんな多種多様なものがある副業で、壁が1万円と定められているのはなぜなのでしょうか?

仮にポイントサイト、アフィリエイトで1000円稼いだとしましょう。ポイントサイトは始めた月の内に容易に達成するでしょうが、アフィリエイトで1000円稼ごうと思ったら半年、1年かかるかもしれません。

ではアフィリエイトで1000円稼ぐことができたらその人は中級者なのでしょうか?そんなことありませんよね。1000円では稼いだ本人も納得することができないはずです。重要なのは1万円という額が一月かけて稼いだ時に納得感を得やすい額だということです。

3.誰が決めたの?

1万円という額設定をしたのは他でも無いあなた達であるといえるでしょう。特定個人がこの額を初心者と中級者を分ける壁として定めたわけではありません。

上でも述べたように重要なのは稼いだ時に納得することのできる、満足することのできる額だというところなのです。

FXであってもアフィリエイトであっても、ライター業であっても、初めて始めた副業で月に1万円稼ぐことができれば誰もが納得し、ある程度の満足感を得るのです。自然に決まったことであって、誰か決めた人がいるというわけではないんですね。

4.1万円を稼ぐことは簡単ではない!

さて、どんな副業であったとしても主婦が1万円を稼ぐことは簡単なことではありません。単純作業系の副業で月に1万円を稼ぐことができればもうその副業についてほぼ理解しているといってもよいでしょう。

またアフィリエイトやFXで月に1万円稼げるとなればそれは参入者の約1割に該当します。

難易度に差はあれど1万円という額を稼ぐことが簡単ではない以上、それを達成することができた時点で初心者を脱しているのは間違いないことなのです。1万円という額がいかに壁としてよく出来ている額なのかわかってきましたでしょうか?

5.中級者が上級者になるにはどうすればよいのか?

さて、初心者と中級者の間には1万円という大きな壁が存在することが分かりました。では中級者と上級者の間には壁が存在しているのでしょうか?

実は中級者が上級者になる場合には必ずしも超えなければならない壁があるというわけではありません。気がついたら自然となっているものなのです。ですが明確な指標が無いということは上級者になるために何をしたらいいかハッキリしていないということでもあります。

もしも皆さんが副業中級者の主婦の方で、上級者になりたいと思っているのであれば初心者の壁を破った時以上に険しい道が待っていることを覚えておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

なぜ月収1万円が初心者の壁とされているのか理解してもらえたでしょうか?知識やスキル、収入など初心者から脱するためには多くのものを身につけ、稼がなければならないとされています。

しかし結局のところ知識やスキルといったものは稼ぎに直接表れるのです。毎月1万円確実にその副業で稼ぐことができるかどうか?これがその人の持つ知識やスキルを測る上で非常に便利なメジャーの役割をしてくれるというわけですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ