主婦副業中級者が陥りやすい5つのダメな傾向とその解決策!

はじめに

最初は副業初心者の主婦であったとしても、副業を初めてしばらくすれば自分にそれなりの自信を持った中級者になることでしょう。

最初は全く稼ぐことができなかったお金もそれなりに稼ぐことができるようになり、もしかしたら本業と同じか少し少ないくらいの金額まで稼ぐことができるようになっているかもしれません。

自信を持つことは良いことですが、それは決して過信に変えてはいけません。ここでは中級者が陥りやすい5つのダメな傾向を解決策も交えて紹介したいと思います。

1.自分の作業方法にこだわってしまう

最初はいろんな人の作業方法を学び、参考にしていた初心者もそのうち一つの自分の方法を見つけます。自分に合った方法、最もやりやすい方法を好んで採用するようになるのです。

自分に適した、最も合った作業方法を見つけることは素晴らしいことです。またその方法で作業することもなんら問題ありません。しかしその作業方法にこだわることは余り良いこととは言えません。

常に時代は変化し続けます。その作業方法が今最良の方法だとしても、明日もそうであるとは限りません。常に自分にとってもっとよいモノがないか模索することが必要です。自分のとっている方法は本当に最も優れているのか?常に疑問に持ち探し続けましょう。

2.自分より優れている人を認めない

主婦副業の中級者にもなるとプライドが生まれ始めます。「自分は誰よりも優れた主婦である」このような考えが少なからず心の隅に表れるのです。そしてそうなった主婦は傲慢で頑固になってしまう傾向にあります。

このような傾向に陥ってしまうと自分よりも稼ぎの多い人を見ても、何かと理由をつけて認めることをしません。その人の稼ぎ方を参考にすることでもっともっと今より稼ぐことができるかもしれないのに、むざむざとそのチャンスを捨ててしまうのです。

変なプライドは主婦副業をこなしていく上で邪魔でしかありません。良い物は良いと認めて自分の副業に取り入れていく心構えが必要です。

3.自分を必要以上に卑下してしまう

これは上で紹介したパターンとは反対のパターンになります。

プライドが高くなって傲慢になる傾向があれば、余りにも遠すぎる人を目標にしてしまったが余り自分を必要以上に卑下してしまう傾向に陥ってしまう人もいるのです。まずは自分に自信を持ちましょう。

過度な自信を持つことは禁物ですが、全く無いとそれはかえって問題です。主婦副業で中級者と呼べるほど稼ぐことができるようになる人は全体の4割もいません。

その4割になることができた自分をまずは褒めてあげましょう。

4.SNSにハマってしまう

主婦副業中級者が上級者になるのは並大抵のことではありません。飛び抜けた実力に加えて強運とも呼べる運が必要になります。一定の稼ぎに到達してしまった副業中級者が稼ぎを増やすことは簡単なことではないのです。

稼ぎが増えないとなると副業に対する熱を保ち続けることは簡単ではありません。あっという間に副業に対する熱は冷めることでしょう。その結果ついついSNSなどでいらない時間を浪費してしまい副業に費やす時間が少なくなってしまうのです。

このような傾向が出始めたと自覚することができたのであれば、何か新しい目標をつくりましょう。稼ぎを少しでも増やすことでもよいですし、作業時間を増やすことでも構いません。目標を持つことで副業に対する熱を維持し続けることが必要です。

5.稼ぎに満足してしまう

ある程度稼ぐことができるようになると、そこで一定の主婦の方が副業に満足してしまいます。「これだけ毎月稼ぐことが出来れば十分だろう」と自らで自らの成長を止めてしまうのです。これは非常にもったいないことです。

自分が自分に満足しはじめている、このような傾向を感じ取ることができたらすぐさま対策することが必要になります。

具体的な対策案としては自分よりもすごい人の情報をたくさん見ることで新しい刺激を取り入れることが最もオススメです。とにかく自分で自分に「自分なんか大したことない、もっと上があるんだ」と分からせることが必要になります。

満足したらそこで成長は止まります。飽くなき探究心を持ち続けましょう。

まとめ

いかがでしたか?これを読んでいる中級者の方の中にも心当たりがある人がいたのではないでしょうか?これらの傾向に一度でも陥ってしまうとなかなか抜け出すことができません。まず自覚することができないのです。自覚することのできる人は非常に運が良いといえるでしょう。

そしてこの記事を読むことができたあなたは非常に運の良い人です。もし今自覚することができたのであれば、きっと抜け出すことができるはずです。すぐさまありとあらゆる解決策を講じて負のループから脱出しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ