アフィリエイトは高単価副業なのか?5つのことから検証します!

はじめに

よく高単価な主婦でも出来る副業の一つにアフィリエイトが挙げられます。月に20万円の不労所得を得る事ができるという触れ込みでアフィリエイトが紹介されているのをよく見かけます。

確かに20万円も稼ぐことの出来る副業は少ないです。しかしだからといってアフィリエイトを高単価副業の一つとして考えるのはちょっと早計すぎやしませんでしょうか?

ここでは高単価とは何か?アフィリエイトとは何か?

などといった5つの事柄からアフィリエイトが高単価副業であるかどうか検証していきたいと思います。

1.高単価な副業とは?

さて、まずは高単価という言葉の意味について考えることにしていきましょう。高単価とは一件あたりの仕事に支払われる給与が高いことを指します。

単位は一件あたりの他にも1時間等、時間単位を指すこともありますね。つまり高単価な副業とは多くの金額を稼ぐことができる副業を指すのではなく、一件あたりの作業に支払われる給与が高い副業を指すのです。

つまり冒頭で述べた月に20万円稼ぐことができる副業だからといって、それだけで高単価副業であると断言することは出来ないということになります。

2.アフィリエイトとは何か?

アフィリエイトとは自分の運営するサイトにアフィリエイトと呼ばれる広告を載せることで収益を得る副業のことを指します。広告をクリックする人、閲覧する人が多ければ多いほど収益が増えていくのでサイトに訪れる人がたくさんいるほど多くの金額を稼ぐ事ができます。

アフィリエイトで稼ごうと思った場合、サイトを構築することが必要不可欠です。全ては広告収益のためによりどのサイトよりも見やすく、わかりやすいサイトを構築しなければなりません。

また、アフィリエイトにも種類がありコンテンツを増やし続けなければならないものと一度サイトを完成させれば後はメンテナスだけで済むものの二種類があります。

3.アフィリエイトは稼げない場合がある

ご存知の通りアフィリエイトで稼ぐことのできる人は極わずかです。約8割以上の人が5000円も収益を稼ぐことなくアフィリエイトを辞めていくそうです。

その8割の中には2分しか勉強しなかった人もいるでしょうが、きっと半年間に渡ってサイトを改善し続けた人だっているでしょう。いくら半年間、毎日数時間に渡って作業を続けたとしても稼ぐことができなければ全ての作業が無駄になるのがアフィリエイトです。

月に20万円稼ぐことができる人は別ですが、稼げない例だけを見れば間違いなく高単価副業とは呼べないでしょう。高単価どころかタダ働きです。

4.リスク無く高額を稼げる副業は存在するのか?

タダ働きすることだってあり得るということを述べましたが、ではリスクの無く高額を稼ぐ事ができる副業は存在するのでしょうか?

どの程度の金額から高額とするかは人によって意見が異なるところでしょう。しかしもしそれが月に数百万円といった規模の額とするならば私の知ってる限りアフィリエイトとFX、投資信託くらいのものです。

どれも金銭面、時間面で相応にリスクがあり、リスク無く高額を稼ぐことが難しい事がわかります。

5.一度稼げれば高単価副業としてよい

アフィリエイトは一度月に20万円稼ぐことができればソレ以降ほぼ永続的に20万円という金額を稼ぎ続けることが可能です。

サイト構築という作業単位で考えても、時間単位で考えても不労所得を得ることができる以上高単価と考えざるを得ないでしょう。

しかしその裏では8割の人が一銭も稼げていないのは事実で、その場合は口が裂けても高単価副業などと述べることはできません。もしも全く稼げなかった人の前でいかにアフィリエイトが高単価な副業であるか力説しようものなら殴られてもおかしくない話です。

まとめ

結局のところ稼げる人と稼げない人がいる以上「その人次第で大きく変化する」としか結論づけようがありませんでした。

また、一度だけ月に20万円稼ぐことができるのかそれとも永続的に月に20万円稼げるのかによっても評価が大きく別れます。仮に前者出会った場合、作業時間いかんによっては低単価と評価せざるを得ないでしょう。

以上から一概にアフィリエイトを高単価副業として捉えるのは難しいかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ